イノシシ肉は本来は臭くない

バナー

イノシシ肉は本来は臭くない

イノシシ肉は日本では昔から食べてきましたが、最近は牛や豚、鶏に隠れて目立った存在ではありません。

固くて臭みがあるというイメージが先行していますが、実際は獲ってすぐに血抜きをしていれば、臭みもなく美味しく食べられません。


もし臭みがある時は仕留めてから時間が経ったことで血から臭いが出ているということです。

よってボウルに大さじ1の塩を入れて、イノシシ肉を丁寧にもみ洗いします。

4yuuu!の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

キッチンペーパーなどと水気を拭き取ればほとんど臭いはしません。
味噌を使った料理に入れると食べやすいです。



イノシシ肉にはコラーゲンがたくさん含まれているので、美肌作りに最適です。

また糖質の代謝を促進するビタミンB群や脂肪の燃焼を促進するカルニチン、血液をサラサラにする多価不飽和脂肪酸も豊富です。



高タンパク低カロリーなので、美容やダイエットに興味がある女性にも適しています。

食中毒を避けるために生食は行わないで、火を通す時も生焼けにならないように注意します。
焼く前に触れた皿や箸は、焼いた後に使ったり他の料理に使い回すのも禁物です。

定番の料理はぼたん鍋で、イノシシ肉を花びらのように盛り付けます。


豚より脂がしつこくないので、箸が進みます。
この脂は体を温める作用もあるため、冬の食事にぴったりです。


味付けは味噌がほとんどですが、炒め物では醤油を使うこともあります。

臭みがなければ牛や豚と同じように調理できるので、料理のレパートリーには困りません。

Copyright (C) 2016 イノシシ肉は本来は臭くない All Rights Reserved.