肉を食べやすくするために施す工夫

バナー

肉を食べやすくするために施す工夫

肉の独特な脂っこさをなくすためには、調味料の中には酢を入れることが有効で、夏場の時期の料理でも重宝する方法です。


味噌味の油炒めを作る場合でも、最後に酢を少しだけ加えるようにすれば、特有の芳香も加わることになります。



最初からさっぱりとした状態で仕上げたい場合には、肉を湯通しにして取り出してから、梅干しのタレで和える方法が使えます。



この料理を作るようにすれば、ビタミンB1とクエン酸を同時に摂取できるため、夏バテ予防のためにも適しています。

中華の肉炒めを美味しくするためには、酢で酸味を加えるだけでなく、紹興酒も同時に使って旨味を引き出す方法が使えます。

紹興酒には独特な酸味があると同時に、脂っこい料理とは絶妙に調和する甘味もあります。

紹興酒の使い方によって、脂肪分の重たい後味は軽減して、心地よい風味に変わることは重要です。

このおかげでご飯との相性が素晴らしいだけでなく、お酒のつまみとしても重宝することになるわけです。酸味が強い果物として、タンパク質分解酵素も持っているキウイは特に便利なもので、肉を柔らかくするために使うことがあります。特売で大量の肉を買ったときには、キウイを使ったタレで仕込んでおけば、家計の負担を軽減させながら楽しむことができます。

産経ニュース情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

酢豚を作るときに加えることがあるパイナップルについても、柔らかくする効果があります。


このような素材を賢く使うことで、料理の腕前が上達して、素材の持ち味を最大限にまで引き出すことができます。

Copyright (C) 2016 肉を食べやすくするために施す工夫 All Rights Reserved.